二輪情報ウェブサイト TOP → 法律上の分類 原付一種

原付一種

原付一種とは、第一種原動機付自転車のことになります。総排気量が50cc以下で、長さ2.5メートル、幅1.3メートル、高さ2.0メートル以下の原動機付自転車です。

ナンバープレートは白地に紺色の文字で、積載物重量は30Kgまでと決まっています。一般に、原付と略されることが多いです。16歳になったら取れる免許がこの原付一種になります。

管轄は、市区町村の役所になります。道路交通法では以下のように定められています。

1.「原動機付自転車:内閣府令で定める大きさ以下の総排気量又は定格出力を有する原動機を用い、かつ、レール又は架線によらないで運転する車であつて、自転車、身体障害者用の車いす及び歩行補助車等以外のものをいう。」(道路交通法第2条第1項第10号)

2.「道路交通法第二条第一項第十号の内閣府令で定める大きさは、二輪のもの及び内閣総理大臣が指定する三輪以上のものにあつては、総排気量については〇・〇五〇リツトル、定格出力については〇・六〇キロワツトとし、その他のものにあつては、総排気量については〇・〇二〇リツトル、定格出力については〇・二五キロワットとする。」(道路交通法施行規則第1条の2)

3.原付三輪(道路交通法施行規則第1条の2における「内閣総理大臣が指定する三輪以上のもの」)はさらに以下の要件を満たすものであり、それ以外はミニカーとなる。

*「車室を備えず、かつ、輪距(二以上の輪距を有する車にあつては、その輪距のうち最大のもの)が〇・五〇メートル以下である三輪の車及び側面が構造上開放されている車室を備え、かつ、輪距が〇・五〇メートル以下である三輪の車」(平成2年12月6日総理府告示第48号)

原付一種だけでは後ろに人を乗せることができません。2人乗りをすると違反になりますので、必ず止めるようにしましょう。

法律上の分類