二輪情報ウェブサイト TOP → 用途上の分類 モペット

モペット

モペットは「自転車」と「二輪」がくっついたような乗り物です。見た目もそのままで、自転車にエンジンがついているような感じになります。

ペダル付きオートバイ、もしくは文字どおり原動機付自転車で、語源はモーターサイクル + ペダルになります。エンジンのクランク部分に自転車のクランクを接続し、エンジンとペダルの両方の動力を使える自転車の様なオートバイです。

モペットには3つの走行形態があります。特徴としてはは通常のバイクとして、手元のエンジンレバーを操作すればすぐ走ります。また、エンジンをかけずにペダルを踏んでも走れ、エンジンをかけてエンジンの動力を使っても走ることができます。

そして、エンジンに付いているスイッチを切り替えれば、自転車としても走ることが出来ます。これはバイクでは通ることの出来ない場所を走りたい時や、ガソリンがなくなった時などにとても便利な走行形態です。

そして最後は、エンジン+ペダルのハイブリッドとしてです。モペットはエンジンが走行していてもペダルを使用することが出来ます。電動自転車は電気の力でこぐ力を貸してくれますが、モペットは小型エンジンのパワーを人力でアシストしてくれるようになっています。

エンジン走行モードと自転車走行モードはスイッチ一つで切り替わりますので危ないんじゃないの?と思う方もいるかと思いますが、走行中には変えることはできませんので、安心して走ることが出来ます。

モペットはヨーロッパが発祥で、アメリカやアジアでもそれなりのシェアがありますが、日本ではそれほどメジャーではありません。

用途上の分類