二輪情報ウェブサイト TOP → 二輪車の注意点 ルールを守って安全運転

ルールを守って安全運転

二輪車に乗るのであれば、ルールを守る必要があります。

まず二輪車のエンジン音です。二輪車に乗っている本人はあまり気になりませんが、二輪車に乗らなかったり、興味がない人にとって、二輪車のエンジン音というのはうるさく感じるものです。特に大型二輪は、エンジンのかかり具合によっては、空ぶかしをしなければならないこともあると思います。しかし、その二輪車の音が原因で、近隣トラブルになることもありますので、注意するようにしましょう。帰宅が遅くなってしまった時は、自宅の少し前でエンジンを切って、二輪車を押して帰ってくるぐらいの配慮が必要になります。

その他に気をつけなければならないのは、すり抜けです。車が混んでいる時などは、すり抜けをすることもあると思いますし、これが二輪車の特権でもあります。ただ、すり抜けをするのであれば注意が必要です。技術的なことももちろんですが、それ以上に大切なのは、交通ルールや交通マナーを守った、すり抜けをするということです。

車のドライバーの中には、絶対すり抜けさせないというほど、バイクのすり抜け行為を嫌っている人がいます。このような、すり抜け行為を嫌う人がいるのは、交通ルールを無視した危険なすり抜けをする二輪車が多いということを物語っているのでしょう。ですから、すり抜けはしないほうが良いですが、どうしても必要な時は、交通ルールや運転マナーを守ってしましょう。

二輪車に限ったことではなく、マナーの悪い運転をすればもちろん嫌がられます。ですが、二輪車というのは、それに輪をかけて危ないとか、うるさいとか、で嫌がられる乗り物ですので、交通ルールはきちんと守るようにし、安全運転を心がけましょう。

二輪車の注意点


ナースサンダル
ナースサンダルならユニフォームのオンラインショップ e-UNIFORMで!

アンカロン
アンカロンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!