二輪情報ウェブサイト TOP → 二輪基礎知識 歴史

歴史

昔から今も変わらない人気を誇っている二輪ですが、今までに様々な変化を遂げて現在に至っています。

二輪の元祖は、蒸気機関エンジンを搭載したオートバイが始まりとされています。このオートバイは、フランスのルイ‐ギヨーム・ペローが考案しました。1868年に特許を取得し、1873年のウィーン万博にも出品しています。

内燃機関(機械内部で燃料を燃焼させ、動力を発生させる機械)エンジンを搭載したオートバイは、1885年、ダイムラー社(現:Daimler AG社)によって原型が作られました。自転車にエンジンを付けたモペッドと呼ばれるオートバイの原型は、1903年、ウイリアム・ハーレーとアーサー・ダビッドソンによって製造されています。馬車などよりも機動性があるオートバイは社会に浸透し、世界大戦では、指揮官の移動手段としても使われました。

日本初のオートバイは、1908年、島津楢蔵(ならぞう)が作ったNS号です。これは自転車にエンジンを取りつけたもので、4サイクル・単気筒・400cc型でした。戦後になると余った軍需資材を使い、いくつかのメーカーからオートバイが発売されました。当時発売された二輪車としては、富士産業(現:富士重工業株式会社)のラビットや、中日本重工業(後の三菱重工業)のシルバービジョンがあります。

大正から昭和の初期にかけての日本の二輪車は全て輸入品で、アメリカやヨーロッパの二輪メーカーから様々なオートバイが輸入されましたが、当時の日本人の平均収入からすると、二輪は非常に高価な乗り物でした。その頃の二輪は一般庶民の乗り物ではなく、一部の金持ちの趣味の乗り物として利用されていました。

二輪車をこの世に浸透させたのは、ホンダを創った人物として有名な本田宗一郎さんだと言われています。世界を巻き込むほどの人気が出たスーパーカブも、元々は二輪が起源となっているのです。

現在は郵便、飲食店の宅配二輪車、二輪便など高速輸送にも使われ、救急二輪なども存在します。オートバイの高い機動性を利用した、警察の交通機動隊が使用する白バイもあります。

二輪基礎知識