二輪情報ウェブサイト TOP → 二輪基礎知識 用途別の種類

用途別の種類

二輪車を使用する目的を考えることは大切です。二輪車というのは、さまざまな用途で使用されています。ここでは、バイクの用途別に種類を見ていきましょう。

●宅配バイク
宅配バイクは、ピザやお弁当などの配達でよく見られる二輪車です。天井が付いた三輪のスクーター形式がほとんどです。後部には宅配商品を乗せるトランクが付いています。株式会社ヒガ・インダストリーズが、1985年に日本で始めての宅配ピザであるドミノ・ピザを創業する時に、日本の交通事情に合わせてオリジナル設計したのが、宅配バイクの元祖であると言われています。
●ビジネスバイク
ビジネスバイクは新聞配達、郵便配達、営業用車両などを目的として利用されているタイプの二輪車です。ほとんどは50ccの原付タイプで、高い耐久性と、驚異的な低燃費が特徴になります。
●側車付バイク
普通のバイクの側方に座席のある車を取り付けた二輪車で、この側方に取り付ける座席のある車をサイドカーと呼んでいます。運転免許の区分は、本車の排気量に応じた普通自動二輪免許、または大型自動二輪免許になりますので、原付の免許だけでは乗ることは出来ません。
●緊急自動車
オートバイを緊急自動車として使う場合があり、緊急として使用される二輪車のことを緊急自動車と言います。交通取締りなどの用途に使われる白バイがこの緊急自動車にあたります。救護処置を行い、救命率を高めるための救急バイクなどもあります。
●レースベース車
競技走行用の二輪車です。基本的には公道走行する事は出来ないですが、海外から輸入した車両だと通関証明書類を提示して、保安部品を備えれば、公道走行をすることが出来るようになります。

二輪基礎知識


インタール
インタールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

エアコンクリーニング 大垣
エアコンクリーニングを大垣でならまごころ便利屋スマイルで!